おじゃマップが肉のふきあげに来たー!!

【WEB限定】記念お食事券販売!!

オンラインショップで購入する

記念お食事券 チケット画像

記念お食事券について

WEB限定・記念お食事券
(前日光和牛そば膳+ミニパフェ)

4,500円+税

フジテレビ系列、水曜19時から放送中の大人気番組「おじゃマップ」が肉のふきあげにやってきた!!
当日、メンバー達が実際に食べた当店自慢の「前日光和牛そば膳」にミニパフェが付いた特別メニューを期間限定で提供いたします。 店頭ではメニューに載せていないWEB限定販売のメニューです。お食事券のない方はお召し上がりいただけません。
食べたい方は肉のふきあげオンラインショップでご購入ください。

オンラインショップで購入する

記念お食事券について

前日光和牛そば膳+ミニパフェ

ステーキと手打ちそば。常連客のオーダーから生まれた不動の人気メニュー

ビーフステーキにはライスが一般的ですが、当店では「前日光和牛ステーキ」と「手打ちそば」が定番の人気メニューです。

元からステーキとそばは別メニューですが、ある常連客がステーキを肴に宴席を楽しんだ後、最後にそばで締めたとか。その相性のよさに相好を崩したそうです。それがきっかけでステーキとそばをセットメニュー化した「前日光和牛ステーキそば膳」が誕生しました。

和牛肉と同等に、そばの味わいにもこだわりがあります。そば粉は地元の契約農家から仕入れ、専用の「石蔵低温庫」に保管。挽き立て、打ち立て、茹でたての「三たてそば」を提供しています。

ちなみに、高タンパク・低脂肪牛肉のタンパク質が燃焼する際、そば粉の成分であるルチン(ビタミンB1・B2)が作用するなど、栄養バランスにも優れているお勧めのメニューです。

オンラインショップで購入する

店舗へのアクセスと混雑状況について

ご来店頂く皆様には、お待ち頂く時間を少なく、快適なお食事をお楽しみ頂きたく思っております。
時間帯により混雑の状況が異なりますので、下記表にてご案内させて頂きます。

比較的空いている時間帯はお席をご用意することも可能(スペシャルお食事券をご購入の方の特典)です。
但し、宴会のご予約が既に決まっている場合等その時の状況に応じてご要望にお応えできない事もございますので予めご了承下さい。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

ご予約の際には、チケット購入済みの旨をお伝え頂くと待ち時間なくご案内させていただきます。(当日のご予約は受けかねます)

混雑状況について

●ラストオーダー 20:30
●チケットご利用期間
2014/9/23(火)~2014/11/24(月)

googlemap

●栃木ICより車で2分(約800m)
●栃木市内より栃木IC方面に車で約10分

Chapter1

原点は大衆食堂のカレーライス

手前どもは今も昔も、家畜商が本業ですが、当店のルーツは精肉店を営んでいた昭和30年代までさかのぼります。

その後、昭和40年代に入って大衆食堂を開店。通称「ダンプ街道」と呼ばれた舗装されていないジャリ道沿いで、トラックの運転手や現場仕事の職人さんたちを相手に商いを続けていました。

当時のお品書きは、カレーライスやラーメン、丼物や定食が中心で、中でもカレーライスは人気メニューの一つでした。その秘密は、肉も野菜もたっぷりでボリューム満点だったから。体力が資本の職人さんに対するサービス精神の現れで、こうした採算度外視の振る舞い方は、現在の店舗にも受け継がれていると思います。

ちなみに当時、牛肉はまだ貴重品だったことから、肉は豚肉100%だったとか(笑)。それでも安くて、うまくて、ボリュームたっぷりの「肉屋のカレーライス」は人気が高く、従業員のまかない料理としても好評でした。

Chapter2

進化を遂げる、肉屋のカレーライス

当店のまかないカレーが劇的に進化したのは昭和50年代に入ってからです。店のコンセプトを大衆食堂から田舎レストランに変え、地元客やゴルフ客を対象にするようになりました。「ステーキ」と「手打ちそば」をウリにする現在のスタイルはこのころ生まれました。

カレーライスはメニューから消えましたが、従業員のまかない料理として少しずつ進化を遂げ、いつしか豚肉に代わって牛肉が入るようになりました。当店は牛一頭丸ごと仕入れ、ステーキ肉やすき焼き・しゃぶしゃぶ肉として加工しますが、その過程で余った部位をまかないカレーの具材として使ったというわけです。

余った部位といっても、直営牧場で丹精込めて育てたブランド牛「前日光和牛」の肉です。しかも、農林水産大臣賞ならびに栃木県知事賞を受賞したお墨付きですから、味に偽りはありません。和牛本来のとろけるような脂の味わいは、こうした部位にも多く含まれています。スパイシーなカレールーと一体になったときの味わいは感動もの。ひと皿に牛肉本来のうま味が凝縮しています。

店では今でも、毎週日曜日のまかない料理はカレーライスです。従業員にとっても楽しみな日で、およそ40人前を大鍋でつくります。ジャガイモやタマネギは自社の畑で収穫したもの。肉はもちろん、当店の看板「前日光和牛」を贅沢に。

休憩時間になるとお腹をすかせた従業員が代わる代わる食堂にやって来ます。それぞれが食べたい量をお手盛りで。楽しそうに、おいしそうに食べている様子はまさに「大家族」といった趣です(笑)。

Chapter3

まかないカレーがレトルトで商品化

実はこのまかないカレー、従業員のみならず出入り業者の方々に振る舞うときもあります。まかない料理がカレーの日、昼過ぎにたまたま納品に来た方に「昼ご飯、まだだったら食べていって」といった感じで勧めています。大抵の人は「うまい!」を連発。評判はすこぶるいいですね。客観的な評価に自信を持ちました。

この門外不出のまかないカレーを商品化しようと思った大きなきっかけは、平成21年の「前日光和牛」の商標登録でした。会社としてうれしい出来事であり、これをステップに新たな事業にチャレンジしたいという思いもありました。

これまでのまかないカレーをさらにブラッシュアップし、おいしさを極め、最もウリである「前日光和牛」の存在感をドーンと強調。和牛肉がゴロゴロ入った絶品ビーフカレーが誕生しました。発売後、年間1万食以上を売り上げるなど評判も上々で、オンラインショップでも注目されるようになりました。

今後は味のバリエーションを増やすなど、ラインナップの充実を図っていきたいと思っています。

前日光和牛ビーフカレーについて

カレー(6食セット・化粧箱入り)をオンラインショップで購入する

オンラインショップで購入する

肉のふきあげ実店舗写真

農林水産大臣賞受賞牛生産の店・日光東照宮推奨品の店

店主のこだわり

安心・安全な素材を一つひとつ手づくりで。食材の味わいを引き出すひと工夫

「おいしい料理を、お腹いっぱい食べてほしい」。大衆食堂に端を発し、安心・安全な手づくりのおいしさを追求してきた私たちの思いは、昔も今も変わりません。

直営牧場で肥育管理する「前日光和牛」を筆頭に、料理の付け合わせに使う野菜は地元産もしくは自社の畑で栽培したものを使っています。例えば、朝採り野菜で漬け込んだ漬け物は色も、味も、風味もひと味違います。また、デザートとして供される黒豆かんてんも一つひとつ手づくりしました。

定食メニューに欠かせない米は、地元契約農家が手がけた味自慢のコシヒカリ。収穫時より石蔵低温庫に保管し、毎朝搗(つ)きたての米を使っています。

ステーキ、定食、御膳・そば、一品料理に至るまで、あえて手間暇をかけるのが私たちのこだわり。味も価格も満足度の高い店を目指しています。

代表・小池雅弘